ウィークリーフラワーはおしゃれなお花のサブスク!口コミ、評判や料金について解説

WEEKLY FLOWER

weekly flower(ウィークリーフラワー)は高いデザイン性が人気のお花のサブスクです。

有名ブランドの装飾などを手がける会社が運営しているため、独自のセンスが光るブーケが毎週届きます。

この記事では、そんなweekly flower(ウィークリーフラワー)の概要やメリット・デメリット、よくある質問や疑問について解説していきます。

プランや料金についてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

お花の定期便比較「ハナタク」のアイキャッチ

お花の定期便・サブスク33社を比較!オススメや料金、エリア、口コミ・評判をご紹介【2022年8月】

weekly flower(ウィークリーフラワー)とは?

weekly flower(ウィークリーフラワー)は、BIONIC PLANTSという有名ブランドの装飾を手がける会社が提供しているお花のサブスクです。

数あるお花のサブスクの中でも、デザイン性の高さがとくに際立ちます。

ひとつのアカウントに複数の住所を登録できるので、ギフトとしても利用ができます。

センスのよいブーケを自宅用やプレゼントに利用したいという方には、ぴったりのサブスクです。

weekly flower(ウィークリーフラワー)の基本情報

公式サイト公式サイト
対応エリア北海道、九州、沖縄県以外
お届け頻度週1 or 隔週
最安料金(税込)730円
月額費用の例5,080円(週1×4回)
送料540円
クーポン
不良品対応
解約・退会特に縛りなし
受け取り方法宅配便
決済・支払いクレジットカード
スキップ
ギフト・プレゼント
発送元大田市場
おすすめポイントデザイン性の高いブーケ
SNSTwitter
Facebook
運営BIONIC PLANTS(バイオニックプランツ)

weekly flower(ウィークリーフラワー)が利用できる地域・エリア

利用できるエリアは関東圏のみで、具体的には下記のとおりです。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 群馬県
  • 千葉県
  • 栃木県
  • 茨城県

北海道、九州、沖縄県は配達対象外エリアのため届かないです。

四国地方は、受け取り時間の指定が18時以降であれば可能です。

weekly flower(ウィークリーフラワー)の特徴やメリット

weekly flower(ウィークリーフラワー)の特徴やメリットは、以下のとおりです。

  • 有名なフローリストが選んだお花が届く
  • 専用ボックスでのお届けで折れにくい

有名なフローリストがお花を選んでくれるのは、嬉しいですよね。

それぞれのメリットについて、次の項目から詳しく解説していきます。

有名なフローリストが選んだお花が届く

weekly flower(ウィークリーフラワー)を運営するBIONIC PLANTSは、楠木誠悟と後藤亜希子による新進気鋭・人気上昇中のフラワーデザイナーユニット。

花屋の常識にとらわれない華道を活かしたアレンジメントや、空間を活かしたアーティスティックなデザインが特徴です。

普通のお花屋さんでは手に入らないようなブーケが毎週届くのは、weekly flower(ウィークリーフラワー)の大きなメリットといえます。

専用ボックスでのお届けで折れにくい

weekly flower(ウィークリーフラワー)では、ロゴが印刷された特別なパッケージで配達されます。

箱状になっているので、お花が折れにくいメリットがあります。

また、スタイリッシュで見た目もおしゃれな箱です。

万が一お花が折れていた場合も、配送当日の連絡であれば再配達してくれる保証があるので、安心です。

weekly flower(ウィークリーフラワー)のデメリット

weekly flower(ウィークリーフラワー)には、以下のようなデメリットもありますので、確認しておきましょう。

  • ポスト投函ができなくなった
  • 茎が比較的短い

それでは、それぞれについて詳しくみていきます。

ポスト投函ができなくなった

weekly flower(ウィークリーフラワー)は、ポスト投函での配送ができなくなりました。

そのため、在宅していないとお花を受け取れません。

長期で不在にする場合はスキップもできますが、仕事などで帰りの時間が読めないときなどは不便に感じるでしょう。

茎が比較的短い

weekly flower(ウィークリーフラワー)のデメリットとしてもう一つ挙げられるのが、茎が比較的短い点です。

茎が短いと切り戻しがむずかしく、お花の持ちにも影響してきます。

また、自身の好みに合わせた花瓶に活けにくいのも、デメリットとなるでしょう。

ただ、自宅用にちょっとお花を飾りたいという方には、あまりデメリットとはなりません。

weekly flower(ウィークリーフラワー)のプランと料金

weekly flower(ウィークリーフラワー)のプランは、現在ひとつのみとなっています。

プランはお花の単価730円(税込)、送料が一律で540円の合計1,270円で、毎週お届けされます。

基本のプランは毎週配達ですが、隔週配達に変更することも可能です。

火曜・木曜・日曜日から好きな曜日を選択できるため、仕事などとの都合もつけやすいです。

weekly flower(ウィークリーフラワー)の評判や評価、口コミ

weekly flower(ウィークリーフラワー)の評判や評価、口コミを紹介していきます。

淵がピンクの深紫色のカーネーションは珍しく、白いヒペリカムとの相性も抜群です。

グリーンに動きを出したアレンジが、クールでスタイリッシュですね。

ユーカリの長さを活かしたアレンジがボタニカルな雰囲気を醸し出しています。

おしゃれなアレンジメントが評判がよいようです。

緑を中心としたアレンジメントでかっこよくキマったブーケや、グリーンをアクセントとして使ったスタイリッシュなブーケが好評です。

全体的に落ち着いた雰囲気のお花が使われていて、大人向けな雰囲気があります。

自宅にちょこっと彩りを添えている人が多いようですね。

weekly flower(ウィークリーフラワー)はどんな人に向いてる?

weekly flower(ウィークリーフラワー)は、比較的短めで小さなブーケが毎週届きます。

そのため、自宅に毎週新鮮なお花を飾りたい方や、自宅にちょっとした彩りを添えたい方にとくにおすすめのサブスクです。

短めの茎で届くため、小さめの花瓶を用意しておくとよいかもしれません。

長めの茎で豪華に飾りたいという方には、あまり向いていないお花のサブスクといえるでしょう。

weekly flower(ウィークリーフラワー)についてよくある質問や疑問

weekly flower(ウィークリーフラワー)の利用を検討する際、以下のようなことが気になるのではないでしょうか。

  • 支払い方法は何がある?
  • 枯れていたり、折れていた場合の保証は?
  • 解約・退会の縛りはある?

それぞれの疑問や質問に対して、次の項目で詳しく解説していきますので参考にしてください。

支払い方法は何がある?

weekly flower(ウィークリーフラワー)の支払い方法は、クレジットカードのみとなっています。

現金払いや各種電子マネーは利用できませんので、注意しましょう。

最初の支払い時にクレジットカード情報を登録します。

枯れていたり、折れていた場合の保証は?

weekly flower(ウィークリーフラワー)では、枯れていたり折れていた場合に再度商品を発送してもらえる保証があります。

条件としては、お届け日当日中に連絡することと、商品の問題部分の画像を添付することです。

お届け当日を過ぎてしまうと、商品の再発送はむずかしくなってしまいますので、不具合があるときは早めに連絡しましょう。

不良品の対応については、メールにて承っています。

解約・退会の縛りはある?

weekly flower(ウィークリーフラワー)には、解約や退会の縛りはありません。

会員メニューから簡単に解約が可能です。

ただし、weekly flower(ウィークリーフラワー)は基本的に毎週お花が届くサービスです。

解約のタイミングなどによっては、1回多く配送されてしまう可能性があります。

weekly flowerはデザイン性の高いお花のサブスク

weekly flower(ウィークリーフラワー)は、デザイン性に優れたお花のサブスクです。

有名なフローリストがブーケを手がけており、普通のお花屋さんでは手に入らないようなおしゃれなブーケが届きます。

お届け先を複数登録できるので、ギフトやプレゼントとしても利用できます。

weekly flower(ウィークリーフラワー)を利用して、おしゃれな空間を演出してみてはいかがでしょうか。

お花の定期便比較「ハナタク」のアイキャッチ

お花の定期便・サブスク33社を比較!オススメや料金、エリア、口コミ・評判をご紹介【2022年8月】