フラワーアレンジメントの作り方のコツはある?必要な準備物やおしゃれに作る方法も解説します

フラワーアレンジメントを作ってみたいけれど、作り方のコツはあるのかな?

フラワーアレンジメントをおしゃれに作る方法を知っておきたい

フラワーアレンジメントは、初心者でも作れるの?

フラワーアレンジメントを作ってみたいと思ったときに、上記のような疑問が思い浮かぶ方は多いのではないでしょうか。

実は、フラワーアレンジメントは作り方のコツを掴めば、初心者でも上手に作ることが可能です。

フラワーアレンジメントに必要な材料や道具、下準備のポイントをおさえておけばスムーズにフラワーアレンジメントを作れます。

また、フラワーアレンジメントをおしゃれに作るコツや、注意しておきたいポイントも解説します。

フラワーアレンジメントの作り方のコツを知りたい方は、ぜひ参考にしてみて下さいね!

おすすめのお花の通信講座3選

No.1:SARAスクール

おうちにいながらフラワーアレンジメントとプリザーブドフラワーの資格が取れる!女性のための通信講座です。

No.2:がくぶん

色褪せずにずっと飾れるアーティフィシャルフラワー(造花)が学べる。がくぶんは教材や道具がセットになった初心者向け講座です。

No.3:formie(フォーミー)

スマホで資格が取れるフォーミーのガーデニング講座です。自宅のお庭を、お花であふれるセンスある場所にできます。

フラワーアレンジメントは初心者でも作れる?

フラワーアレンジメントは初心者でも作れる?

フラワーアレンジメントを作るのは、経験や知識がないと難しいイメージがあるかもしれません。

もちろん、お花に関わる仕事をしている方や、お花の知識が豊富な方であれば、ある程度スムーズにフラワーアレンジメントを作れるでしょう。

ただ、フラワーアレンジメントの作り方のコツを掴んでおけば、初心者でも上手に作ることは十分可能です。

フラワーアレンジメントを作るために必要な道具や材料をしっかり揃えて、準備を整えておくことが大切です。

フラワーアレンジメントの作り方の手順

フラワーアレンジメントの作り方の手順

フラワーアレンジメントは、初心者でも作ることが可能です。

ただ、美しいフラワーアレンジメントに仕上げるためには、作り方の手順を覚えておくことも大切です。

フラワーアレンジメントを始める前の下準備を疎かにすると、せっかくのお花が美しく保たれない場合もあります。

最初に、準備物や作り方の手順を頭に入れてコツを掴んでおけば、今後もスムーズにフラワーアレンジメントを作れるようになるはずです。

ここで、以下の3つの作り方の手順を解説していきます。

  • 必要な材料と道具を揃える
  • 下準備をする
  • 実際にアレンジメントをつくる

1つずつ解説していきますので、参考にしてみて下さいね!

必要な材料と道具を揃える

花材はお花屋さんや園芸店での購入が必要ですが、その他の材料は100円ショップやホームセンターなどで手軽に購入可能です。

ここで、フラワーアレンジメントに必要な材料と道具を1つずつ簡単に解説していきます。

花材

生花やグリーン、枝ものなどを花材と呼びます。

自分がフラワーアレンジメントに使いたい花材を自由に購入しましょう。

生花は長持ちしにくいので、作りたいフラワーアレンジメントのイメージをしながら必要な分だけ揃えるのがオススメです。

花器

花器とは、フラワーアレンジメントをセットする器のことです。

大きさや形、デザインや素材に様々な種類があります。

高さ20cm前後、幅は15cm前後のサイズが基本的に使いやすいでしょう。

特に、初心者の場合は白や黒などシンプルな花器を使うのがオススメ。

季節や飾る場所によって花器も変えれば、コーディネートする楽しみも増えますよ。

吸水スポンジ

吸水スポンジは、オアシスとも呼ばれます。

生け花の場合、剣山にお花を挿して生けますが、フラワーアレンジメントでは吸水スポンジに挿してアレンジメントをします。

吸水スポンジに水をたっぷりと含ませて使用します。

一度お花を挿すと吸水スポンジに穴が空いて弱くなるため、基本的に使い捨てで、再利用はしません。

花切りハサミ

一般的なハサミでは、お花の茎を切ることが難しいので、お花を切る専用のハサミを用意しましょう。

また、枝ものはさらに硬いため、お花用と別に枝もの専用のハサミも用意しておくと、さらにフラワーアレンジメントがしやすくなるのでオススメです。

ナイフ・カッター

吸水スポンジは花器のサイズに合わせてカットして使用するため、ナイフがあると便利です。

吸水スポンジ専用のナイフもありますが、果物ナイフやカッターでも切れるので、自分の使いやすい物を選んでみましょう。

フローラルテープ

花束をまとめて茎を止めたり、造花を本物の枝のように見せたりするために使用するのがフローラルテープです。

フローラルテープには幅や色の種類が多く、様々な巻き方もあります。

使い方を覚えておくと、フラワーアレンジメントの幅が広がります。

ワイヤー

お花を固定したいときや茎の長さが短いときに、茎にワイヤーを差し込んで固定して使用します。

倒れやすいお花の場合も、ワイヤーを入れることで固定され見栄えがよくなります。

セロファン

セロファンは、使用する花器の素材によって必要な場合と不要な場合があります。

例えば、以下のような素材の花器の場合は水漏れの可能性があるため、セロファンを使用します。

  • かご
  • ブリキ
  • テラコッタ
  • 木製
  • プラスチック

ラッピング紙

プレゼント用にフラワーアレンジメントを作る場合、ラッピング紙を使用するのもオススメ。

紙の色や素材も幅広く、より華やかなフラワーアレンジメントに仕上がります。

下準備をする

水揚げをしておく

フラワーアレンジメントに使う花材を準備しても、いざ使おうと思ったときにお花がグッタリ萎れてしまっている場合もあります。

植物は、根から水を吸い上げる力を持っていますが、切り花になると細菌や空気が茎から入り込んでしまうため、力が奪われてしまうのです。

そのため、季節や室温、保管状態によっては、お花がすぐに萎れてしまう可能性もあります。

そんな事態を防ぐための重要な下準備として、切り花でも水を吸い上げやすくしてあげる水揚げという作業が重要です。

水中の中で茎を斜めにカットしておくことで、お花の吸い上げ力を長持ちさせることが可能になります。

吸水スポンジに水を吸い込ませておく

吸水スポンジは水を含ませてから使用するので、事前にしっかりと水を吸い込ませておきましょう。

吸水スポンジの色が濃く変わってきたら水を吸い込んだサインです。

実際にアレンジメントをつくる

フラワーアレンジメントに必要な材料や道具を揃えて下準備が整ったら、実際にアレンジメントを作っていきます。

アレンジメントの作り方を、順番に解説します。

①花器に吸水スポンジをセットする

花器のサイズに合わせて、吸水スポンジをカットしてセットしましょう。

先に解説したように、水漏れの可能性がある花器の場合はセロファンもセットしていきます。

②グリーンを挿す

葉っぱや枝ものなどのグリーンは、お花を引き立て美しく見せるために欠かせないものです。

グリーンの使い方のコツを掴めば、よりおしゃれなフラワーアレンジメントができるはずです。

お花を挿す前に、グリーンを挿してバランスを取ります。

③お花を挿す

主役にしたいお花を先に挿したら、他のお花も少しずつ挿していきます。

バランスを取りながら仕上げていきます。

④隙間を埋める

隙間がある場合は、隙間を埋めるようにグリーンなどで調整していきます。

吸水スポンジは、お花を何度も挿し抜きしてしまうと、穴が空きすぎて固定されなくなってしまいます。

最初は難しいかもしれませんが、挿す前にイメージしながら一発で挿して整えていくことも大切です。

フラワーアレンジメントをおしゃれに作るコツ

フラワーアレンジメントをおしゃれに作るコツ

フラワーアレンジメントをおしゃれに作るには、コツがあります。

そこで、覚えておきたい以下の5つのコツをご紹介します。

  • 中心となる主役のお花を決める
  • スキマを埋める意識をもつ
  • 三角配置を試してみる
  • 花器を変えてみる
  • 色のまとまりを確認する

1つずつ解説しますので、参考にしてみて下さいね!

中心となる主役のお花を決める

あらかじめ主役のお花を決めておくことで、おしゃれなフラワーアレンジメントに仕上がりやすくなります。

準備した花材の中でも大きく咲いているお花や、色が鮮やかなお花を主役にすると華やかになります。

特に、バラやカーネーション、ユリなど上を向いている花は初心者でも扱いやすくオススメです。

主役のお花を決めておけば、その他のお花とグリーンでバランスを整えやすくなりますよ。

フラワーアレンジメントに慣れてきたら、季節のお花を主役にアレンジするのもオススメです。

スキマを埋める意識をもつ

フラワーアレンジメントは、吸水スポンジにお花やグリーンを挿して作っていきます。

その際、吸水スポンジをうまく隠すように隙間を埋めていかなければいけません。

あまりにも隙間があると、見栄えも悪くなり華やかさに欠けてしまいます。

おしゃれなフラワーアレンジメントにするためには、ボリューム感を意識することが大切です。

順序よくお花を挿していったら、少しずつ隙間を埋めるようにバランスを確認しながら仕上げていきましょう。

三角配置を試してみる

三角配置とは、その名の通り三角形を意識するように、お花の位置や高さをずらしながら配置することです。

すべてのお花が同じような高さでは、面白みがないうえに、おしゃれ感に欠けてしまいます。

前面のお花は低めに挿して後面のお花は高めに挿す工夫をするだけでも、一気におしゃれに仕上がります。

三角配置を試して立体感を出す意識をしてみると、華やかになりますよ。

色々な角度から全体のバランスをチェックしてみるのもオススメです。

お花の高さは、少しずつ切って調整しながらアレンジしていきましょう。

花器を変えてみる

フラワーアレンジメントは、使用するお花やグリーンによってイメージが決まります。

一方、花材だけでなく花器を変えてみるだけでも雰囲気がガラリと変わりますよ。

花器には、サイズや形、素材など幅広い種類があります。

作ったフラワーアレンジメントを飾っておく場所に合わせて、花器を選ぶのもオススメ。

例えば、キッチンや水回りに置きたいなら小さめの花器や小瓶にするとちょっとしたアクセントになりますよ。

夏はガラス製の花器を使って涼しげにしたり、冬は陶器製の花器を使うなど、季節に合わせて変えてみるのも楽しみのひとつです。

最近では、花器は100円ショップやホームセンターでも手軽に購入できます。

フラワーアレンジメントを作る際には、花器選びも楽しんでみて下さいね!

色のまとまりを確認する

フラワーアレンジメントでは、色のまとまりを確認することも大切です。

特に、同系色のお花でまとめて統一感を持たせると美しく仕上がるため、初心者にもオススメの方法です。

さらに、同系色のグラデーション風に仕上げるのもチャレンジしやすい色合いの方法です。

一方で、差し色として別の色をアクセントに使うのもおしゃれに見せるポイントです。

初心者のうちは、あまり多くの色を使ってしまうとチグハグな雰囲気になり失敗する可能性もあります。

少しずつ、様々な色のバリエーションを試してみましょう。

また、フラワーアレンジメントを作って人にプレゼントしたい場合は、贈る相手のイメージに合わせた色を意識するのもオススメです。

フラワーアレンジメントの道具や材料、準備のコツ

フラワーアレンジメントの道具や材料、準備のコツ

フラワーアレンジメントの道具や材料、準備のコツとして、おもに以下の4つが挙げられます。

  • お花に合った花器を毎回選ぶ
  • 花材の色に統一感を持たせる
  • 日持ちしやすいお花を選ぶ
  • 作りたいフラワーアレンジメントのイメージを持つ

1つずつ解説していきますので参考にしてみて下さいね!

お花に合った花器を毎回選ぶ

フラワーアレンジメントは、お花をアレンジするセンスが大切です。

一方で、お花に合った花器を選ぶセンスも磨かれるとさらにおしゃれなフラワーアレンジメントができるようになります。

ただ、フラワーアレンジメント初心者の場合は、白や黒のシンプルな色と形の花器から始めてみるのがオススメ。

フラワーアレンジメントを続けていく中で、お花に合った花器選びが楽しめる余裕が出て来るようになるはずです。

少しずつ、楽しんでみて下さいね!

花材の色に統一感を持たせる

花材の色に統一感を持たせると、初心者でもフラワーアレンジメントがしやすくなるだけでなくオシャレ感が増します。

同系色のお花を使用してフラワーアレンジメントをしてみるのがオススメです。

主役にしたいお花に合わせて、他のお花を決めて統一感を持たせるといいでしょう。

グリーンや枝ものでバランスを取れば、統一感のある美しいフラワーアレンジメントに仕上がりやすくなります。

日持ちしやすい花を選ぶ

フラワーアレンジメントは生花を扱うため、お花選びは重要になります。

お花を萎れさせないように水揚げをする下準備も大切ですが、日持ちしやすいお花を選んでみるのもオススメ。

特に、以下のお花は日持ちしやすく、長持ちするお花です。

  • カーネーション
  • トルコキキョウ
  • アルストロメリア
  • ラナンキュラス
  • ガーベラ
  • スターチス
  • かすみ草

日持ちしやすく扱いやすいお花なら、長い時間楽しむことが可能です。

フラワーアレンジメントに最適なお花選びのコツとして、ぜひ覚えておいて下さいね!

作りたいフラワーアレンジメントのイメージを持つ

作ってみたいフラワーアレンジメントのイメージを持つことも大切です。

好きなお花や美しいと思ったお花を手当たり次第に選んでしまうと、いざ作ろうと思ったときに悩んでしまいますよね。

まずは、自分がどのようなフラワーアレンジメントを作りたいのか明確にイメージしておくと、スムーズに作業に取り掛かれますよ。

本やSNSで見かけて可愛いと思ったフラワーアレンジメントの色合いや雰囲気を覚えておけば、イメージしやすいはずです。

初心者のうちは、見よう見まねでフラワーアレンジメントをするのもオススメです。

慣れていけばコツが掴めていきますので、少しずつ慣れていきましょう。

フラワーアレンジメントはコツを掴めば初心者でもおしゃれに作れる!

フラワーアレンジメントはコツを掴めば初心者でもおしゃれに作れる!

今回は、フラワーアレンジメントの作り方のコツについて深掘りして解説してきました。

フラワーアレンジメントは、経験や知識がないと難しいと感じるかもしれません。

ただ、フラワーアレンジメントに必要な材料や道具、手順を知っておけば初心者でも挑戦しやすいことが分かって頂けたのではないでしょうか。

今回ご紹介したように、フラワーアレンジメントは独学でも挑戦することが可能ですが、通信講座を利用すれば、さらに深く学ぶことが可能です。

特に、SARAスクールなら、フラワーアレンジメントに役立つ資格も短期間で取得できちゃいますよ。

気になる方は、ぜひ一度サイトをチェックしてみてくださいね!

おすすめのお花の通信講座3選

No.1:SARAスクール

おうちにいながらフラワーアレンジメントとプリザーブドフラワーの資格が取れる!女性のための通信講座です。

No.2:がくぶん

色褪せずにずっと飾れるアーティフィシャルフラワー(造花)が学べる。がくぶんは教材や道具がセットになった初心者向け講座です。

No.3:formie(フォーミー)

スマホで資格が取れるフォーミーのガーデニング講座です。自宅のお庭を、お花であふれるセンスある場所にできます。