お花のサブスクで花瓶はどうする?すてきな花瓶を購入できるお花の定期便4選

お花の定期便(サブスク)を利用したいけれども、花瓶はどうしたらよいのか?

定期便にぴったりな花瓶のサイズや選び方がわからない

このように悩む人も多いことでしょう。

この記事では、花瓶も一緒に購入できるお花のサブスクサービスを4選ご紹介します!

花瓶を選ぶポイントも合わせてお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

hanataku-top

お花の定期便・サブスク37社を比較!オススメや料金、口コミ・評判をご紹介【2022年12月】

お花のサブスク(定期便)サービスを使う際に花瓶はどうする?

お花のサブスク(定期便)サービスを使う際に花瓶はどうする?

お花のサブスクサービスを使うとき、以下の方法で花瓶を用意できます。

  • 花瓶が無料で付随するサービスを使う
  • 花瓶も一緒に購入できるサービスを使う
  • 自分で花瓶を用意する

具体的にどのようなサービスがあるのか、次の章で詳しく解説しますね。

花瓶が無料で付属するサービスを使う

初回にお花と一緒に花瓶が無料でついてくるサブスクサービスは以下の2つです。(2022年10月現在)

サービス特徴もらえる花瓶
青山花茂・市場で仕入れた最高級の切り花が届く
・初回のお届け時に花瓶がついてくる
【ベーシックプラン】透明のガラス花瓶
【プレミアムプラン】フラワーデザイナーが選ぶガラス花瓶
魔法の花瓶・店舗に来店して切り花を受け取る
・初回時に用意された花瓶がもらえる
各店舗で用意された花瓶
※青山花茂のプレミアムプランは東京23区限定

初回に花瓶がプレゼントされるので、自分で花瓶を用意する手間が省けます。

花瓶も一緒に購入できるサービスを使う

花瓶とお花がセットになったプランがあるサブスクや花瓶を別途購入できるものなどがあります。

【花瓶とお花がセットになったプランがあるサブスクサービス】

サービス特徴もらえる花瓶
LIFFT「初めてお花と暮らす人に」向けた花瓶とお花がセットになったプラン以下の3種類から選べる(いずれもガラス花瓶)
・花瓶A:幅9cm、高さ15cm
・花瓶B:幅11.5cm、高さ16cm
・花瓶C:幅7.5、高さ18.5cm
ハナノヒ365days全国の作家や窯元のフラワーベースや食器とお花のコーディネートを楽しめるプラン以下の3種類から選べる
・フラワーベースのみ
・フラワーベースとマグカップ2個
・フラワーベースとマグカップ2個、プレート2枚

花瓶とセットになっているプランがいくつか用意されているので、ライフスタイルやお好みの花瓶を選べるのが嬉しいポイントですね。

【花瓶を別途購入できるサブスクサービス】

サービス特徴購入できる花瓶
bloomee・季節のお花がポストに届く
・プランは500円台〜2,000円台の3種類
・ガラス製花瓶
・陶器製花瓶
・CLAY花瓶
など
青山フラワーマーケット・季節の花とグリーンが届く
・プランはSS〜Lコースの4つとライフスタイルコースの合計5コース
・フラワーベース3点セット
・瀬戸焼の花瓶
・磁器製花瓶
・ガラスチューブ など

さまざまな種類のフラワーベースが用意されているので、お好みの花瓶をチョイスできます。

自分で花瓶を用意する

自分好みの花瓶でお花のある生活を楽しみたいのなら、あらかじめ用意しておくと良いでしょう。

花瓶はお花屋さんやホームセンターでも購入できますし、最近では100円ショップでも使い勝手の良い花瓶を手に入れられます。

和風お部屋や和モダンなお花を生けるのなら、種類豊富なウェブ通販(アマゾンや楽天、ヤフーショッピング)がオススメです。

また、ご自宅にあるアイテムで代用するのも良いでしょう。

たとえば、オリーブオイルの瓶やジョウロ、使わなくなったガラスのコップなどでも十分代用できます。

ご自宅にある代用品でお花を飾ってみて、お花のある生活に慣れてきたら、お好みの花瓶を購入するのも良いですね。

花瓶を自分で用意するメリット

花瓶を自分で用意するメリット

花瓶を自分で用意する場合とサブスクサービスで花瓶を一緒に購入する(あるいはもらう)場合、どのような違いがあるのか比較してみました。

観点自分で花瓶を用意する場合花瓶も一緒に買って用意する場合
自分好みの花瓶か◎自分の好きな花瓶を選べる△好みではない花瓶が届くこともある
花のサイズに合うか◯購入することで、いくつか用意できる◯花のサイズに合わない花瓶が届くこともある
花の雰囲気や部屋に合うか◎お部屋のインテリアに合わせて選べる△飾りたい場所に合わない花瓶が届くこともある

自分で花瓶を用意するメリットは、自分の好きな花瓶を花のサイズや部屋の雰囲気に合わせて購入できることです。

とくに和風の部屋や和モダンなインテリアに合わせてお花を飾る場合は、それにあった花瓶を選べるというメリットがあります。

花瓶を自分で用意するデメリット

花瓶を自分で用意するデメリット

一方、花瓶を自分で用意するデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

観点自分で花瓶を用意する場合花瓶も一緒に買って用意する場合
購入する手間×店舗に行ったり、ネットを探す手間がある◎お花とセットで自宅に届く
センスの良い花瓶か△飾ってみたらイマイチということも◎プロが選ぶ花瓶なのでセンス良し
プレゼントとして贈れるか△送料が別途かかったり、梱包の手間がある◎・割れにくい梱包をしてもらえる
・伝票を書く手間が省ける

花瓶を自分で用意する場合、お店まで足を運んだりネットでいろいろな花瓶を探したりする手間があります。

また、プレゼントとして花瓶も一緒に贈るのなら、サブスクリプションサービスで購入した方が梱包面や伝票書きなどの手間が省けるので、オススメです。

お花のサブスク(定期便)サービスの花瓶の選び方

お花のサブスク(定期便)サービスの花瓶の選び方

お花のサブスクサービスで花瓶を購入する場合、以下の点に注目して選んでみると選びやすくなります。

  • サイズ
  • 色や素材、デザイン

次の章でご紹介する選び方で、花瓶を選んでみてくださいね。

サイズ

花瓶のサイズは、飾るお花の約半分のサイズを目安に選んでみることをオススメします。

というのも、花瓶の長さと花瓶から見えるお花の長さがちょうど同じくらい(つまりお花は花瓶の2倍の長さ)だと、バランスよく飾れるからです。

そこで大事なのが、定期便で届くお花の長さ。

定期便の配送方法によって、届くお花の長さが違うため、事前に確認しておくと安心です。

以下はお花の長さとオススメな花瓶のサイズの目安ですので、参考にしてください。

配送方法お花の長さ花瓶のサイズ
ポスト25〜30cm前後12〜15cm前後
宅配便30〜35cm前後15〜18cm前後
直接手渡し35〜50cm前後18〜25cm前後

ポストで届くお花はちょっとしたスペースに置けるサイズ感ですが、花屋さんの店員が直接届けてくれるお花だと、インテリアの一部として豪華に飾るようなサイズです。

どのようなタイプのお花を定期便で購入するかによって花瓶のサイズが変わるので、各サービスのお花の写真や実例などもチェックしてみるとイメージがわきやすくなります。

色や素材、デザイン

花瓶は色や素材、形のデザインなどさまざまなものがあります。

初めてお花のある生活を始めるなら、最初は透明や白い色の花瓶がオススメです。

というのも、花の色がよく映えてどのような雰囲気のお部屋にも合うから。

少し慣れてきたら、飾る花と同じような色味のある花瓶を選ぶと良いでしょう。

あるいは差し色として花瓶の色を決めるのも、オススメです。

また、花瓶のデザインはお花のサイズや雰囲気、飾る部屋のインテリアに合わせて選ぶことをオススメします。

デザインの種類特徴
つぼや筒の形・背の高い花にオススメ
・バランスよく飾れる
ラッパ型・ブーケや花束をかざるときにオススメ
・ふんわりした雰囲気のお花に合う
個性的な形・お部屋のアクセントに向いている

最後に、花瓶の素材も見逃せないポイントです。

  • どんな場所にもOKなガラス製
  • 趣のある和風やアンティーク感あるお部屋には陶器製
  • 小さいお子さんがいるならプラスチック製

など

花瓶選びに迷ったときは、いくつあっても重宝する透明なガラス製の花瓶をチョイスしておけば失敗することもありません。

ご自身のライフスタイルや「お花をどこに飾るか」などを視野に、花瓶を選んでみてくださいね。

花瓶はどこで買える?

花瓶はどこで買える?

花瓶を購入できる主な場所は、以下の通りです。

カテゴリ店舗名
100円ショップダイソー、キャンドゥ、セリア、3COINS など
ホームセンターコメリ、島忠、カインズ、コーナン など
大型家具店ニトリ、IKEA(イケア)、村内家具 など
大型雑貨店Francfranc(フランフラン)、LOFT、東急ハンズ、無印良品 など
フラワーショップ、大型園芸店日比谷花壇、青山フラワーマーケット、ジョイフル本田、オザキフラワーパーク など

100円ショップなどは気軽に購入できて、種類も豊富なので、花瓶デビューの人にオススメ。

また、シンプルで使いやすい花瓶を探すなら、ホームセンターや大型雑貨店だと見つけやすいかもしれません。

その他、大型家具店は実際にインテリアの一部として花瓶がディスプレイされていたりするので、イメージしやすいかも。

ご自宅やお勤め先の近所にあるお店で、ぜひいろいろな花瓶を探してみてくださいね。

花瓶を一緒に購入できるお花のサブスクは?

花瓶を一緒に購入できるお花のサブスクは?

ここからは、花瓶を一緒に購入できるお花のサブスクサービス4選をご紹介します。

花瓶を一緒に購入できるお花のサブスクサービスでオススメなのは、以下の4つです。

  • bloomee(ブルーミー)
  • HitoHana(ひとはな)
  • LIFFT(リフト)
  • ハナノヒ365days

どのような花瓶が購入できるのか、それぞれ詳しくご紹介しますので参考にしてください。

bloomee(ブルーミー)

特別な専用箱でポストに投函してくれるブルーミーでは、しっかりと水揚げした、たっぷりの保水でお花の鮮度が保たれて届きます。

期間限定で対象商品が10%オフになるセールが開催されていたりするので、気になる花瓶はこまめにチェックしておくと良いですよ。

とくに人気の花瓶は以下の3つ。

花瓶価格特徴サイズ
波模様ブルー1,980円・淡い水色
・波模様が美しい
高さ11.5cm、花瓶の口3.5cm
クルブ フラワーベース2,280円・ころんとしたフォルム
・シンプルなデザインで、さまざまな種類のお花に合わせやすい
高さ約10cm、花瓶の口約3cm、幅約9cm
陶器フラワーベース オーブ2,680円・一輪挿し花瓶
・落ち着いたホワイトの陶器
高さ約11.5cm、口径約2.5cm、幅約12cm
※金額はすべて税込

このほかにも再生ガラスで作られて素朴な風合いが人気の「リューズガラス」や、べっこうアメのような茶色がかったオレンジ色が美しいガラス瓶など、さまざまな種類があります。

HitoHana(ひとはな)

HitoHana(ひとはな)は、国内トップクラスのお花の定期便で、利用者は20万人以上という大手のサブスク。

購入できる花瓶も人気のClay(クレイ)やBOBCRAFT(ボブクラフト)、Kahler(ケーラー)などの商品が豊富にそろっているので、お気に入りの一つが見つかりますよ。

HitoHanaで購入できる花瓶のベスト3は、以下の通りです。

花瓶価格特徴サイズ
バルブベース Sサイズ #BOBCRAFT(ボブクラフト) 608C2,750円・透明なソーダガラスを用いたシンプルな花瓶
・安定感のある形状
外径9cm、内径4cm、高さ 12cm
Pot a epices (ポット・ア・エピス) Pot a epices S #clay(クレイ)2,280円・ミルクポットのような可愛らしい形
・アイボリーのゆう薬に茶色が透けてナチュラルな雰囲気
外径9cm、内径6.5cm、高さ10cm
フローレット Sサイズ #BOBCRAFT(ボブクラフト) 841-23,300円・ソーダガラス製
・シンプルながら上品で華があるデザイン
外径15cm、内径6.5cm、高さ15cm
※金額はすべて税込

インテリアとしてもマッチする花瓶は、この他にもプレゼントに喜ばれるLyngby Porcelaen(リュンビュー ポーセリン)や、伝統あるHOLMEGAARD(ホルムガード)なども多数そろっています。

公式サイトには花瓶の口コミもたくさん投稿されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

HitoHana」の初回のお花代が50%オフ!申し込み時に下記コードをご入力ください。

50AW01

 ▼クーポン利用条件

  • 2022/11/20 23:59まで
  • お一人様1回まで
  • 他のクーポンと併用不可
  • お花の定期便以外でのご利用不可

LIFFT(リフト)

公式サイトのフラワーベース一覧には、花瓶の特徴が一目でわかるように表示されています。

1,500円台から30,000円台まで幅広く選べるのも嬉しいポイント。

とくにオススメな花瓶は以下の3つです。

花瓶価格特徴サイズ
ガラスベース「Chimney」1,650円・落ち着いたスモークカラー
・重厚感のあるガラスとなめらかな曲線が特徴
・一輪挿しにオススメ
直径10cm、高さ14cm
Secure1,980円・再利用したガラス「リューズガラス」を採用
・シンプルな形状
・裾広がりで安定感がある
口径6.5cm、底面9cm、高さ12cm
ライトリー GLASS Flower vase2,750円・淡いベージュのガラス
・ピッチャー型
・一味違う花瓶を探している人にオススメ
口径3.5cm、底面12cm、高さ18.5cm
※金額はすべて税込

上記の花瓶以外にも、1990年代のイタリアで作られたビンテージ花瓶や今は製造されていない希少な花瓶も販売されています。

アンティークなお部屋に、お花を飾りたい人にもオススメです。

公式サイト:https://lifft.jp/

ハナノヒ365days

鮮度・クオリティにこだわった季節のお花のサブスクを提供しているハナノヒ365days。

こちらは花瓶だけの購入はできませんが、以下の3つのプランが用意されています。

  • フラワーベース&マグ2個セット:6,380円/月
  • フラワーベース&マグ・プレート2個セット:8,800円/月
  • フラワーベースセット:4,400円/月

※金額はすべて税込

どれも月額制和食器のサブスクリプションサービス「CRAFTAL(クラフタル)」とコラボしたサービスで、クラフタルが選んだ全国の作家や窯元のフラワーベースや食器がお花と一緒に届きます。

コラボアイテムならではのフラワーベースが特別に楽しめて、お花が届いたらすぐに飾れるのが嬉しいですね。

また、6ヵ月間交換なしで継続すると、フラワーベースや食器をそのまま無償でもらえるというのも見逃せません。

マグやプレートをそのまま食器として使うのはもちろん、それぞれお花のサイズに合わせて飾ることもできます。

  • マグカップ…ミニブーケや一輪挿しに
  • プレート…茎の長いお花(カラーやチューリップなど)

フワラーベースは同じものを継続したり違う物に交換もできるので、お部屋のインテリアに合わせて楽しめますね。

公式サイト:https://hana.com/

お花のサブスクには花瓶も一緒に楽しもう!

お花のサブスクには花瓶も一緒に楽しもう!

この記事ではお花のサブスクサービスを利用する際に、花瓶も購入できるサービスなどについてご紹介しました。

この記事のポイントは以下の通りです。

  • 花瓶が無料でついてくるサブスクサービスがある
  • 花瓶も購入できるサービスは花瓶の種類が豊富
  • 花瓶は花やお部屋の雰囲気に合わせて選ぶ
  • 花瓶の購入先は100円ショップや大型雑貨店で購入できる

初めてお花のサブスクサービスを利用するなら、透明なガラス瓶からスタートしてみると良いでしょう。

ぜひ、あなた好みのすてきな花瓶を見つけて、お花のある生活を楽しんで。

hanataku-top

お花の定期便・サブスク37社を比較!オススメや料金、口コミ・評判をご紹介【2022年12月】