アストランティアはどんなお花?特徴や飾り方、花言葉などをご紹介

春と秋の季節になると多く出回るアストランティア。

ナチュラルな雰囲気を持ち、星のような形が特徴的です。

落ち着いた色合いなので、フラワーアレンジにも重宝されています。

この記事ではアストランティアの基本情報や品種、飾り方などをご紹介。

アストランティアの花言葉についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

お花の定期便比較「ハナタク」のアイキャッチ

お花の定期便・サブスク33社を比較!オススメや料金、エリア、口コミ・評判をご紹介【2022年8月】

アストランティアの特徴は?どんなお花?

アストランティアは、野趣(やしゅ)に富むお花。

ナチュラルガーデンや北欧調のインテリアにぴったりな品種です。

実は、花びらに見える部分は総苞(そうほう)というもの。

実際の花びらは、中心に集まった小さな花々たちです。

触るとカサカサしているため、ドライフラワーやブリザーブドフラワーにも最適。

ナチュラルなカゴに入れ、野山で摘み取ってきたように仕立てるのも素敵ですよ。

アストランティアの基礎情報

ここではアストランティアの基礎情報をお伝えします。

項目内容
学名Astrantia
分類セリ科アストランティア属
和名アストランティア
原産地ヨーロッパ
出回り時期周年だがとくに春〜秋の季節
旬の時期(開花時期)5月~7月(秋に咲くこともある)
耐寒性強い
耐暑性やや弱い
花の色白、ワインレッド、ピンクなど
花のサイズ花径2~3cm
値段相場250円前後

アストランティアの学名は、ギリシャ語の星という意味の「Aster(アストラ)」からきています。

確かに総苞部分をよく見ると、星が瞬いているような雰囲気です。

原産地ヨーロッパでは植栽にも使われているポピュラーなお花。

しかし、高温多湿の日本では夏越しが難しい品種でもあります。

切り花として飾るときも、なるべく涼しく風通しのよいところに置いてあげると良いですね。

アストランティアの種類や品種

アストランティアの園芸品種は以下の5つ。

  • ローマ
  • バックランド
  • サニングデール・バリエゲイテッド
  • ルビー・ウエディング
  • スノー・スター

次の項目で1つひとつ特徴を解説します。

ローマ

上品なピンク色のお花を咲かせる品種。

アストランティアの中でも丈夫で、生育が早いのが特徴です。

落ち着いた色合いは、シックなブライダルブーケにもオススメ。

バックランド

淡くて白に近いピンク色が特徴的な品種です。

他の品種よりも早く咲き、花つきがよいので切り花にもオススメ。

サニングデール・バリエゲイテッド

グリーンとクリームイエローの斑入り葉が美しい品種。

暑い季節になると緑色の葉になるため、ブーケのアクセントとしても重宝します。

ルビー・ウエディング

その名の通り、ルビーのように濃くて鮮やかな赤色の品種です。

生育がゆっくりなため、株を大きくさせたくない人や鉢植え栽培に向いています。

スノー・スター

スノー・スターは、大輪の白い花を咲かせるタイプです。

お花によっては外側の総苞が薄いグリーンに変わることもあります。

清楚(せいそ)な印象があり、ホワイトガーデンやシンプルなブーケに似合う品種です。

アストランティアの切り花の飾り方や注意点

ドライフラワーにも最適なアストランティアはカサカサした質感なので、比較的長持ちしやすくなっています。

切り花を購入したら、茎の先を斜めにカットして水揚げしてあげましょう。

耐暑性がやや弱いため、直射日光があたる窓際に飾るよりも、風通しの良い涼しいところに置いてあげると長持ちしますよ。

一輪挿しにしたり、押し花にして楽しむのもオススメです。

アストランティアの花言葉は?

アストランティアの花言葉は以下の通りです。

  • 愛の渇き
  • 知性
  • 星に願いを

 など

「星に願いを」という花言葉は、アストランティアの学名「Aster(アストラ)」である「星」というギリシャ語に由来しています。

名曲「星に願いを」が聴こえてきそうな花言葉ですね。

その他「愛の渇き」や「知性」は、アストランティアのキリッとした姿やしっとりとした雰囲気から由来しているのかもしれません。

まとめ

この記事では、アストランティアの基本情報や品種、花言葉についてご紹介しました。

この記事のポイントは以下の通りです。

  • アストランティアは星のような花びらが特徴的
  • フラワーアレンジによく用いられる人気の品種
  • 花びらに見える部分は総苞というもの
  • 花言葉は「愛の渇き」や「知性」、「星に願いを」など

シェードガーデンやナチュラルガーデンにぴったりのアストランティア。

切り花で楽しんだ後はドライフラワーやスワッグにしても楽しめますので、ぜひお部屋に飾ってみてくださいね。

お花の定期便比較「ハナタク」のアイキャッチ

お花の定期便・サブスク33社を比較!オススメや料金、エリア、口コミ・評判をご紹介【2022年8月】